This website utilizes cookies. If you continue using this website your approval is assumed OK learn more

Dr. Markku Schwarz

物理学専攻
 

半導体ナノ構造の実験研究により博士号を取得。研究領域は、磁力、低温物理、基礎電子工学、マイクロメカニクスにまで及んだ。クラウス&ヴァイセルトに入所し弁理士研修を開始したのは2003年で、ドイツ弁理士の資格を2006年、ヨーロッパ弁理士資格を2008年に取得。シュヴァルツ博士の業務の主眼は通信技術・電子工学・機械工学の分野の出願および係争。

奥さんや娘さんたちと余暇を過ごすのが好きで、英語の小説、映画、観劇やコンサートも楽しみ。

戻る
 

加盟団体

  • ドイツ弁理士会
  • ドイツ物理協会
  • 対欧州特許庁代理人協会 (epi)
  • 国際工業所有権代理人連盟(FICPI)